引きこもりの窓口に相談する大切さ

子供が引きこもりになったり、家族に引きこもりが居る場合は、頼れる相手に相談して力を借りる事が必要です。外部の力は、時に親の支援よりも強力になったり、思いがけない解決策が提示される事もあります。

NAVERまとめ情報サイトを利用しましょう。

最初の相談に適しているのは、各市区町村にある引きこもり相談センターで、基本的に無料相談出来る点が魅力です。

また、引きこもり状態の聞き取りから、適切な選択肢が提示されるので、真っ先に頼る必要がある相手といえます。もう一つの選択肢としては、民間の相談所がおすすめで、経験豊富な専門のスタッフに親身になってもらえます。

ただし、料金が発生する事もあるので、十分に検討や配慮の上で、選択する事が重要になります。

引きこもりが長期化していたり、手の打ちようが思いつかないなら、家族会と関わりを持つ方法もあります。

家族会は、本人よりも親側の団体ですが、協力し合いながら改善を模索しているので、同じ境遇の親同士が力になれます。



1年以上悩んでいる場合は、それ以上の回復期間が必要になったり、10年単位でサポートを行う必要性が高まる場合もあります。

どの状況でも、ただ悩んで時間を無駄にするよりは、ヒントを得て模索した方が有意義です。

現状を打ち明けたり、話せる仲間に出会い、勇気を得て本人の希望を取り戻す事がポイントです。
力で解決を目指す姿勢では、抵抗して解決の糸口を失うか、力に依存して人任せになる可能性が高まります。



昔の元気な姿を懐かしむのではなく、前に向かって進む方法を見つける為に、まずは誰かに話す事が大切です。